本音の見つけ方

大阪のコピーライター/SpeedFreaks足立です。

インサイト=本音をどのようにして見つけるか?な話です。

本音は不満の可能性?

思い返せば、「本音を言う場面」は「本音が聞きたい人がいない場面」だったりしませんか?

いわゆる当事者がいない場面。

もちろん、面と向かっていうこともあると思います。
でも「面と向かっている状態」はすでに本音を言いづらい、もしくは本音を言うことを回避している状態に
あるような気がします。

そう考えると 【本音=不満】</span >と定義してもいいのかなと思います。

本音は無視できない

たとえば、私がアーティストで、尊敬している有名人をコンサートに招待するとき。
もちろん、最前列が特等席。そこに招待したくなると思います。

でも本人は舞台から遠くのVIP席の方が良かったりします。

理由はおわかりになるでしょう。

本音を無視してしまうと、事故が起こってしまいます。
でも逆にそういった「本音」を見つけてしまうとさまざまなチャンスが訪れます。

本音が転がっている場所がある

それはあらゆる口コミサイト、SNSです。

特定の商品でなくとも、アイデアがほしい特定の商品でなくてもいいと思います。
柔らかい頭で、柔軟な発想で、「本音」を探ることで思わぬインサイト(=本音)が見つかる場面があります。

ぜひ、本音を調査したい場合にオススメしたいと思います。

関連記事

  1. 思考の積み重ね

  2. 実験と実験結果

  3. コモディティ化とインサイト

  4. 無くなると困るもの

  5. インプット/アウトプット

  6. コピーライターのしごと

  7. 話題の広告

  8. ブレストの本質

最近の記事

PAGE TOP