広告と人種差別

ここのところ、新聞やテレビで「人種差別」についての報道を頻繁に目にします。

言葉を選ばずに思ったことをそのまま言うと「まだやっているの?」という感想を持っています。

テクノロジーが進化して、人々の暮らし、人々の仕事は大きな進化をしました。にも関わらずまだ「人種差別」しているのかよと思いました。

誰が、何人が、差別しているのか。

日本のSNSで炎上している人を叩いているのは、実際のところ人数にすると、ごくごく僅かということを聞いたことがあります。

この人種差別もごくごく僅かな人が行なっている(と信じたい)のですが、このごく僅かな人数が根強い。

日用品を販売するP&Gが【The Look】という啓発キャンペーンを行なっております。

「すべての人が平等で、偏見のない世界を目指している」というスローガンをもとに、この問題を一緒に考えてもらいたいと企業として発信しています。

もし、この動画でひとりでも考えを改めてくれたら、冥利に尽きると思います。

関連記事

  1. こだわりのキャッチコピー

  2. 経験と呼べるものは恥さらし

  3. 広告は無力

  4. モノを売らない広告

  5. 握手と拍手

  6. 仕事納め

  7. 時代と広告

  8. インプット/アウトプット

最近の記事

PAGE TOP