目的にアプローチ 理由にアプローチ

世間一般かどうかわかりませんが、自分の周りにいる人にとっては「コピーライター」という職業をクリエイターという印象を持っている方が多いと感じます。

優れたマーケッターである。

自分のコピーライター像は 「マーケッター」 であると考えています。

おしりだって洗ってほしい

1982年 仲畑貴志

ウォシュレットのコピーとして売上に貢献した名コピーもマーケティングから生まれた要素が強いと思います。

自分の行動を振り返る習慣

ふだんから「良いと思った理由」「良くないと感じた理由」「購入した理由」「購入しなかった理由」などを振り返る習慣があります。

こうした地道な積み重ねが、ひょんなときに役に立つのです。

最近の買い物の理由

この1週間ほど、やけに頻繁に買い物をしました。
ちょっと振り返ってみます。

■イヤーマフラー

今年から自転車通勤を始めたのですが、初めての「冬」を迎えるにあたり耳のケアをしようと購入しました。

というのも約50分の通勤。
身体はホカホカ暖かいのに、耳が痛い!ということが多発しまして購入に踏み切りました。

100円ショップで試着しましたが、違和感があり値のはるものも試着しようと「PARCO」 にある東急ハンズにて試着。

フィット感とデザインが気に入り購入しました。

■目的:寒さから耳を守る

自分の中で「暖かさ」は重要視していないんです。
寒さから守ることを目的としているので、暖める要素はいらなかったのです。

■選んだ理由
デザイン違いが10種類前後あったのですが、即決で決めました。
地味すぎず、派手すぎない色合いが好みでした。というかものすごく好きなデザイン。

間違えがちなキャッチコピー

自分でもコピーを書いていて間違えるのが、「暖かいイヤーマフラー」という視点でコピーを書いてしまうことです。

寒さから耳を守るという目的であれば、価格・デザイン・付け心地が重要で暖かさは、あまり(というかまったく)検討要因にならないんですね。

というような自問自答を繰り返しています。

コピーライターという生き物はそんなことを考える人たちだと思います。

なかなか楽しい職業だと思います!

関連記事

  1. 広告は社会の鏡

  2. 広告で関係性をCreateする

  3. 時間の奪い合い

  4. インプット/アウトプット

  5. 広告の本質を見失わない

  6. 健全な心と健康と

  7. ネームバリュー

  8. 再開/再会

最近の記事

  1. 2021.01.19

    普通との戦い
  2. 2021.01.12

    そもそも論
PAGE TOP