命に関わること

8月11日(火) 恐ろしく暑いですね。

今朝、自転車通勤を止めました。だいたい朝8時に家を出るのですが、朝から日中のような気温だったことと、テレビから頻繁に「命に関わる暑さ」だと報じられていたためです。

クラクラする暑さ

夕方、少し外出したのですが体力のある成人男性でも頭がクラクラするような暑さでした。

【命を守る行動を】という言葉が3.11以降、使われるようになりましたが、ただの平日の日でも使われるような気温になってしまったことになんとも言えない気分になります。

朝からクーラーは当たり前

私が小学生だったころ(1991〜1996)の夏休み。すごくよく覚えているのが、父親が帰ってくる18時頃になるとクーラーをつけていたことです。

日中は扇風機だけで過ごしていました。

今では考えらないですね。

今年はコロナでマスクも手放せない。なんとも異常な夏です。

関連記事

  1. 広告は社会の鏡

  2. 迷路

  3. 時間の奪い合い

  4. 広告と不便益

  5. 速度も広告

  6. 広告で世界を変える

  7. 広告は無力

  8. ことばのちから

PAGE TOP