ニーズと性悪性

大阪のコピーライター 足立です。

「こういうニーズがあるから、こういう商品(サービス)を作った」
ごくごく当たり前ですが、このようなオリエンからスタートして広告制作が始まったとして、
そもそものニーズが誤っている場合があります。

ほんとうの欲しいものを考える。

たとえば「タクシー」

体力を使いたくないからタクシーを選ぶ
距離が遠いからタクシーを選ぶ
時間が短くて済むからタクシーを選ぶ
車内で仕事ができるから・・
顔が売れていて公共交通機関を使えない・・

人それぞれのニーズがあって、その人でもシュチエーションによってニーズは変わる。
違ったニーズが重なって共通している部分がある、その結果が「タクシー」を使うメリットだと思います。

目的地に到着したい、早く到着したい、他の移動手段より快適に到着したい
そのすべてに「たとえ高くても」という枕詞が付く。

性悪性で疑う

そんな当たり前のニーズを見誤る場合がある、
気づけていない場合もある
え!そんなニーズもあるの!と驚く場合もある。

意外と消費者の立場にはなりづらいのが、世の常だと思います。
(日頃からどのようにしてその商品を買ったかの言語化が必要!)

できるだけ、解決できる方法として有効なのは「性悪性で疑う」です。

とにかく、疑う。

どんどん疑って質問する(自分に対象者に)

この作業を怠ると結果は良くない、この作業をきちんと遂行すれば結果はよくなる。

世の中のニーズに本気で向き合う覚悟、これが必要なのですね。

関連記事

  1. 目的にアプローチ 理由にアプローチ

  2. あるあるはないない

  3. ターゲティングしない広告

  4. 攻める広告

  5. 経験と呼べるものは恥さらし

  6. 無くなると困るもの

  7. 広告で関係性をCreateする

  8. 傷つけない広告

最近の記事

PAGE TOP