量を知る

広告を制作する際にまず「知る行為」から始まることが多いです。

クライアントの商品、市場、競合・・・

どのくらいの量があるかを知る

たとえば、競合の広告を調べるにしても、これまでどのくらいの量の広告があるのか?全体像を把握するのが非常に難しい。

自分が調べた事例は全体の何割なのか?それによって統計は大きく異なると思います。

ターゲット設定

商品を売り込みたいターゲットの設定をすることがあると思いますが、どれだけニッチに商材でもターゲットは絞らない方がいいと考えています。

【大勢に伝える】という前提があると、おのずと「コンテキスト」が必要になる。

【大勢に伝える】という前提があると、おのずとわかりやすい表現・おもしろい表現にたどり着く。

量を意識する

制作の際にアイデアの数がものを言うと思います。
いいアイデアの背景には、数え切れないボツ案があります。

大勢に伝えるという意識が、広告に伝えるチカラを与えてくれます。

関連記事

  1. 広告の本質を見失わない

  2. 少し先の未来

  3. つまり・いわば

  4. 意見広告の意義

  5. 世の中の感情

  6. 社会の一員としての広告

  7. わかる・わからないの境界線

  8. 雑談

最近の記事

PAGE TOP