楽しみスイッチ

「楽しいこと」が嫌いな人っていないと思うのです。

ゲームが好き
釣りが好き
音楽が好き
ファッションが好き

その「楽しいこと」だけを24時間ずっとやっていいよ!と言われると難しい。
1時間でいいよ!という人もいれば、15時間くらいは続けてできるよという人もいるかもしれない。

「嫌なこと」近い言葉で「やらないといけないこと」
このあたりは24時間でもできたりするから、不思議。


苦しみながらキャッチコピーを考える。

基本的に苦しみながら、考えています。
たまにテンションが上がって、勢いで書いてあとで後悔します。

苦しむのはいいけど、ネガティヴになってはいけないと思う。

「あ〜なんて才能がないんだ」とか「自分はダメだ」とか。
そういった感情を持っている人にいい仕事はできない。

前向きになるとかならないとかより、いかに「楽しめる」かだと思います。

その作業を楽しむ
この苦しい状況を楽しむ
バカみたいに笑いながら書いてみる

とにかく健全な精神状態でないとダメですね。

そしてなにより健康は大事!

アイディアとは健全な心と、健康な身体から生まれる。

関連記事

  1. 前提を疑う

  2. 意見広告の意義

  3. つまり・いわば

  4. ハイコンテクスト

  5. 広告は無力

  6. 速度も広告

  7. 継続にはチカラがいる

  8. 2020→2021

最近の記事

PAGE TOP