日常の一瞬に刺す言葉

大阪のコピーライター/SpeedFreaksの足立です。

「あれ?消費者はその商品のことを想って生活はしていない」というお話しです。

広告作りは盲目

A4の紙を渡されて「 この紙を使って笑わせてください</span >

そう言われたら、あなたならどうしますか?

ダジャレを書く
その人の似顔絵を描く

多くの人は『書く/書く』と思います。でも「紙を使って」なので、紙を扇子にして全力でジュリアナ東京のダンスをしたら、相手は笑うかもしれません。

紙で細く切って、こそばして笑わせることもできるかもしれません。

このように、無意識で「あたりまえ」「前提」みたいなものを作ってしまうことがあります。

それは広告においてもです。

前提を疑う・謙虚な姿勢で。

クライアントと打ち合わせをしていると「広告を見てもらえるもの」「商品のことを検討しているもの」という前提で考えていると感じることがあります。

その「広告」をまじまじと見て、比較検討してもらうことを前提としている姿勢。

知らぬ間に「上から目線」になってしまっているんですね。

誰にも見られない・認知度もない・検討もされていない。
そこからのスタートだと、あえて追い込む姿勢も大事なのかなと思います。

謙虚な姿勢をとり続けるコピーライターでありたいと自戒の念も込めて。

関連記事

  1. 購入する理由

  2. 本音の見つけ方

  3. 広告素人の目線

  4. モノを売る広告

  5. 変化球で伝える方法

  6. 普通との戦い

  7. インサイトに夢中です

  8. ネームバリュー

最近の記事

PAGE TOP