快適に暮らしたい

大阪のコピーライター SpeedFreaks足立です

未来をよくするキャッチコピー

手書きだと9.73秒 かかりました。

テキストだけで見ると、ただの事実です。
ビジュアルを追加すると、シャチハタは9.73秒もかからずに
押すだけで解決できるのだということがわかります。

しかもオリジナルで作れるのが「小林」という文字から読み取れます。

商品はなにを解決できるか

それを訴求するためには、手書きとの比較がわかりやすいです。
つまらない広告だと「押すだけです」などと訴求してしまいます。

手書きがいかに面倒で、手間が掛かるのかを伝えることで、
自動的にハンコが楽という多くの人がすでに知っている事実をより
浮き彫りにさせているように思います。

ストレートに伝えていないようで、ものすごくストレートに伝わっている。
広告の理想のようなお手本だと思います。

関連記事

  1. ルール/ディレクション

  2. 行動心理学

  3. ラジオCM

  4. コピーライターのしごと

  5. Whyからの発想

  6. コモディティ化の向こう側

  7. ネガティヴな表現

  8. 歴史を知る

最近の記事

PAGE TOP