引き算の広告

過去の名作の広告を眺めるのが好きです。
時代に匂い。時代の空気感。時代の風俗感。

なぜ、この広告が名作とされているのか?を分析したり、アイディアの構造を因数分解したり、そうして自分の知見を広める作業がたまらなく好きです。

2007年のマクドナルドの広告です。
ロゴの隣には「EXTRA LARGE COFFEE 16SEK」と書いてあります。

四方の枠に「コーヒーカップの底」を表現するシミがあります。
とても大きいということを訴求しているのでしょう。

少しわかりづらいですよね。そしてまだまだ改良の余地はありますよね。

この広告の効果としての良し悪しよりも、これを見た私たちのような広告マンはこのアイディアのテクスチャーを盗みたい。

批評することは大事ですが、批評している人を横目にこのアイディアを「メモ」しているような人に私は憧れます。

「こんなのわかりづらい!」などと批評することも大事ですが、自分ならこうする!他で流用できないか?などを考える方が自分にとっては有意義です。

関連記事

  1. 時間の奪い合い

  2. 速度も広告

  3. 購入する理由

  4. 命に関わること

  5. 広告は社会の鏡

  6. 迷路

  7. ことばのちから

  8. 広告なんて誰も見ない

PAGE TOP