広告とコウコク

文章の中でなにかを強調したいときに「」を使ったり、太文字にしたり、色を変えたり、試行錯誤をするのですが、最近その技の選択肢を増やしたいとずっと考えています。

言い換える

この世の中に「I love you」を伝える歌は星の数ほどあるのだけれど、現代で抜きに出るためにはいかに「違うことば」「違う視点」で伝えることが大事になってくると思う。

漢字とひらがなを使い分ける

コピーライター養成講座に通ったときに割と早い段階で教わった技術です。
これはいまだに、毎日意識しています。
人の文章を添削するときにはだいたい、漢字をひらがなに直す作業から、言い回しを変更したりします。

■カタカナは匂い消し

以前、スガシカオさんが歌詞でカタカナを使う理由を「匂い消し」と言っていて「なるほどなぁ」と思いました。

漢字やひらがなだと、その言葉の裏にあるものを連想して、必要以上に重く捉われたりしてしまう。それをカタカナにすることで抽象化しやすくなる。

ということだそう。

言われるまで無意識でしたけど、かなり意識的にカタカナを使っていると実感しました。

・夜空ノムコウ
漢字もしくはひらがなで「夜空の向こう」や「夜空のむこう」では絶対に売れてない。

・コノユビトマレ
「この指止まれ」「この指とまれ」だとすごい先入観があるような気がする。

・真夏の夜のユメ
「夢」だと先入観がバリバリあるのと、既視感がありすぎる。それを回避できている秀逸なタイトル!

自分の結論としては、広告コピーではカタカナを使うのは難しい!だけど、意識してみるのも面白いと思う。



関連記事

  1. トンマナ

  2. コモディティ化の向こう側

  3. ネームバリュー

  4. 広告の鬼

  5. 連休の広告

  6. ES向上を広告する

  7. 消費する→雇う

  8. やっぱり読書

最近の記事

PAGE TOP