右脳→左脳

大阪のコピーライター SpeedFreaks足立です。

今日はHappy Mondayでした。というのも「ラジオCM」のコンペに勝利しました。
朝の9時、その知らせを受けてしまったので、本日は非常に気分がいい!

勝因は?

またここで原稿を紹介できればと思うのですが、勝因はズバリ原稿内容がよかったに尽きる。
(当たり前過ぎますが)

ただし、今回は論理的に当てに行った部分もあるのです!

■原稿内容を記載し、最後に「企画意図」を記載。
今回のプレゼンはほかの人の案も見ることができたのですが、内容はともかく「左脳的」な企画意図を書いている人がいなかった。

これがタイトルになった『右脳→左脳』です。

■右脳的

商品のある風景をユーモアを持って描きました。
風景を通じて、商品の特性を伝えています。

ここで右脳的な発想をしながら、聞いた人にどう感じて欲しいか?までを設計しています。

■左脳的

商品を導入することのメリット、商品が解決してくれることを商品名とセットで訴求。
ここに関しては「事実」を伝え、そして前半の「右脳的」を回収する。

売り上げを上げる/たのしい表現を実現する。

この両立をしないとダメなのです。

面白い楽しい表現をしながら、商品サービスの売り上げを上げる。
この2つの両立からは逃げない。

今回はそれを達成できたように思います。
またご紹介できる機会があればこちらで紹介します。

関連記事

  1. ES向上を広告する

  2. 広告の鬼

  3. 経験と呼べるものは恥さらし

  4. オノマトペとハイコンテクスト

  5. 広告素人の目線

  6. 本音の見つけ方

  7. 効くキャッチコピー

  8. 売る広告が一番

最近の記事

PAGE TOP