リサーチ

前職の広告代理店に入社したのが約6年前。
その前があまり金銭的に余裕がなかったので、入社3年後くらいから割と自由に使えるお金が増えてそこから「自己投資」をするようになりました。

30代・肌荒れ時代

忘れもしない。とある撮影のお仕事があり現場に立ち会っていたとき、事情があって撮影の被写体になったことがありました。

そして、撮影現場でカメラマンの方がパソコンに繋いで今まさに撮影した写真をクライアントと確認するという状況になったときのこと。

私自身は私自身の「肌」の汚さに唖然としてただただ凹み、早く帰りたい!と思いながら写真チェックをしていたのでした。

なにしろ、プロのキャメラマン(突然ふざけて和田アキ子風に言いたくなるときがあります)が、高級な機材で撮影した写真です。写りが良すぎるわけです。

で被写体が汚さが増幅しているように感じるわけです。
その撮影を終え、コーヒーを飲みながら「肌 荒れ 改善」「ニキビ 改善」などと調べ、退社後はすぐに薬局に向かいました。

調べて実行して、そして結果が出る

とにかくいろいろな情報をインターネットや雑誌や書籍で調べて、肌荒れの原因から改善方法までいろいろな情報を集めて実行していきました。

そうすると、徐々に。ほんとうに徐々に改善されていくのが楽しいんです。

割と美容系のクライアントが多かったので、打ち合わせ終わりにいつも相談していました。

そこから1年たったころには、ほとんど改善されて今ではニキビが出ることも稀になりました。

打ち合わせにたびに「肌綺麗になったね」と言われるのが楽しかった!

調べ癖を生かす

正直な話。1月に独立してからは絶対にすぐには食べれるなんて思っていないので、いろいろな手段でお金を稼いでいます。

お金を稼ぐ以外にもいい利点があって、本業ではないことをたくさん経験しているのでフィードバックがあり過ぎて困るくらいです。至極当たり前のことを言いましたが、ほんとうにいい経験の連続です。

そして調べ癖を生かそう!というテーマのもと、数ヶ月前から大阪のインバウドメディアで記事を執筆しています。

名刺では「コピーライター」を名乗っていますが、この仕事に関しては「ライター」の仕事です。全然違う部分と共通する部分とがあり楽しく執筆しています。

習慣が活きればいい

いい習慣が自分自身に活きればいいなと思います。
そして誰かのために活きればもっといいなと思います。

日々、勉強

日々、アップデート

日々、改善

うまくいかないことがある方が、人生は楽しい。

関連記事

  1. 広告と不便益

  2. 継続と量

  3. 広告で世界を変える

  4. 今どこにいるか

  5. 2020年8月6日

  6. 広告で関係性をCreateする

  7. 共感できる広告

  8. 広告と人種差別

PAGE TOP