まず調べ尽くす

先日、司馬遼太郎記念館に行ってきました。

2つ隣の駅に住んでいるにも関わらず、記念館の前の道も幾度となく通っているにも関わらず、初めて訪れました。

安藤忠雄氏が手掛けた記念館に向かう最中には、司馬遼太郎氏の書斎を通って向かいます。

4万冊とも言われる蔵書があると聞きました。至るところに本棚があったというのですが、その執念にも近いリサーチ力に言葉を失いました。

インターネットで気軽に物事を知れる時代だからこそ、よけいに言葉を失いました。

自分がいかに薄っぺらく、いかに安直なのかを思い知らされる時間でした。
もっともっと思考を深く、太くしていかないとこの先はない。

関連記事

  1. 連休の広告

  2. 話題の広告

  3. 矛盾から始まるアイデア

  4. 社会の一員としての広告

  5. 価値を高める広告

  6. モノ・コトとの新しい関係性

  7. 広告とコウコク

  8. 名作タグラインに学ぶ

最近の記事

PAGE TOP