継続と量

以前に在籍していた広告代理店でのクライアントに『絶対に反響の出る広告』を教えてほしいというようなことを頻繁に聞かれました。

絶対はないということを前提に、その業種に合わせて広告する方法をあれこれプレゼンしました。

本音を言うと

とにかく、全媒体に最大サイズへ広告出稿。少なくとも3ヶ月以上の期間は掲出する。

攻めまくれば反響はあると思います。しかしそんな予算がないから、限られた枠で、クリエイティブで、解決しようと試みます。

大きな予算で大きなキャンペーン

よく見かけるのが、様々な媒体を使って大きなプロモーションで成果をあげる。
すごいクリエイティブだなと思いながら、見ているけど。

実はそんなにクリエイティブは必要なく、ど直球の広告でも効果は出るんだろなと思います。

と最近1960年代の広告クリエイティブを見ているので、そんなことを思ってしまいます。

関連記事

  1. アイディアは課題から

  2. あるあるはないない

  3. 2020→2021

  4. 過去の自分が広告

  5. 思いつきは積み重ね

  6. 広告で世界を変える

  7. 特徴とUSP

  8. マーケティングについて

最近の記事

  1. 2021.01.12

    そもそも論
  2. 2021.01.7

    特徴とUSP
PAGE TOP