変化する時代・変化する広告

広告コピーのテクニックに「レトリック」という技術があります。

広告コピーのテクニックと言いましたが、元々は日本語の修辞法です。

「あの先生は鬼だ!」

意味としては

・あの先生の本当の正体は鬼だ!
・あの先生は鬼のように厳しい

2通り考えられると思います。がおそらく後者を選ぶ人がほとんどです。

これほとんど無意識のうちに、多くの人がそのような認識であると理解して使っています。

レトリックも変化する?

昨日、ふと思ったのですが「通用しないレトリック」もあるのではないかな〜と思いました。

たまたまある広告コピーに出会ったのですが、まったく理解できないコピーだったのです。

きっと何かのレトリックなのでは?と思ったのですが、意味がわからず、、、。

言葉も日々、変化している時代において通用しないレトリックも出てくるのではないかと思いました。

そういった意味で、SNSに張り付く・インターネットでの変化に少しは敏感になっていないといけないと思いました。

関連記事

  1. コロナショックと広告

  2. 時代と広告

  3. 思考の積み重ね

  4. インプット/アウトプット

  5. 広告の本質を見失わない

  6. 広告は社会の鏡

  7. ことばのちから

  8. 仕事は忙しい人に頼め

PAGE TOP