口コミ広告

何年か前から『口コミ広告』がトレンドになり、そして主流になっていきました。

でも昔から『口コミ広告』は存在していてテレビCMではよく見慣れた手法でした。

かくいう自分もよく使いました。

競合他社のチラシを見て誰もやっていなかったので、自社のいいところ、押したいところをすべてお客さまの目線で言い換えてチラシを作りました。

結果、すごく反響がありました。

リクルートの手法だそうです。

Twitterが世の中を動かす

最近、口コミではないけれどTwitterで世の中が、政治が動いている事例が多く感じます。

使いようを誤ると大変なことになるけれど、うまくSNSと付き合う、うまくSNSを利用することが大事だなと最近、すごく思います。

Twitter村の景色

実はつい最近、アカウントをもうひとつ作りました。
また今後、詳しく話をしたいと思いますが、画期的であり今後のスタンダードになるような使い方で、タイムラインと言われる景色がまるで違います。

もう少し活用してみて言語化したいと思います!

関連記事

  1. 攻める広告

  2. 広告業界の分岐点

  3. 再開/再会

  4. モノを売る広告

  5. インプット/アウトプット

  6. オノマトペとハイコンテクスト

  7. 直接ものを売らない広告

  8. 営業も広告である

PAGE TOP