ストロングスタイル広告

私が勝手に作ったコトバです。力づくで投げ倒すような広告のことを指します。
(あくまで私が勝手に作ったコトバです。あしからず)

みんなヒマなんだ

今まではプライベートの電話というのは18時以降という暗黙の了解があったのですが、フリーランスになったというのも大いにありますが、みんなヒマなんだろう。お昼の12時から電話が掛かってくる。

雑談と真面目の狭間で

割と大きなイベントを大阪で仕掛けるようで、そのメディア展開の相談だったんだけど、「いつになるやら」で相談はそこそこに近況や雑談。

目的と手段

アートとしての目的や手段の話から、深い方向へ雑談がなだれ込んでいくお昼間。

街には「不要不急ではない用事」の人がたくさんいる。
確かに減っているものの、たくさんの人がいる。
その「たくさんの人」の一部に「わたし」もいる。

広告にできることはある

自分の事業を宣伝しようと考えていたのだけど、外出している人が減っている状況で二の足を踏んでいたのですが、逆にやってみようとここ数日、考えています。

ストロングスタイル広告

勝手に作った造語なんですけど、この1970年に作られた「男は黙ってサッポロビール」のような力強い、理論や議論を必要としないような広告を作ろうと思います。

関連記事

  1. ニーズと性悪性

  2. 傷つけない広告

  3. 前提を疑う

  4. 仕事は忙しい人に頼め

  5. 過去の自分が広告

  6. コピーライターとは

  7. 共感できる広告

  8. 炎上する広告をどう見るか

最近の記事

PAGE TOP