コロナショックと広告

女優の岡江久美子さんが亡くなったというニュースを先ほど目にしました。
芸能界での新型コロナウィルスが原因となって亡くなったのはこれで二人目だ。
これで終わることを切に願っています。

志村けんさんの訃報に接した時も、相当なショックでしたが岡江さんの場合は「感染」していたことさえ知らなかったので、2重それ以上の驚きがありました。

明るいニュースがない

気が滅入る毎日です。私なんかはまだまだ本当にマシな方だと思います。
そんな私でも少し気が滅入ります。

気の巡りが良くない

言い換えれば「いいアイディアが生まれてこない」「アイディアを実行できない」

原因は「なんとなく気が滅入っている」です。

もともと、バイタリティのある人間なのですが、ここ数週間は腰が重い。
より!何かやってみよう!という気が起こらない。

広告の未来はどうなるのか?

いつになく(何時もにも増して)「中身のないBlog」でした。
考えても仕方がないことを考えても仕方がないので
今できることをやろうと思います。


関連記事

  1. 広告と不便益

  2. 広告は無力

  3. 広告は見たくないもの

  4. 広告で世界を変える

  5. アイディアは課題から

  6. 変化する時代・変化する広告

  7. 再開/再会

  8. マーケティングについて

PAGE TOP