キャッチコピー

キャッチコピーを考えているとき、制作しているときのアタマの中ってどうなっていると思いますか?

と聞かれたら、「 切羽詰まっている」と答えます。


時間的なことはさておき、「 切羽詰まっている精神状態」にあることが多いです。

焦りとも違う、プレッシャー。
永遠に「これだ!」というコピーが出ないのではないかと思う緊張感。

色々なことを調べたり、見返したり、反転させたり、散歩したり。。。

とにかく、 あがきます

今日、あがいていると発見がありました。

この「背表紙」が並ぶ光景は古本屋ならではですよね。

まれにバックナンバーが揃っている書店では見かけるものの、一部の雑誌のみです。

一気に背表紙を眺めていると「脳への刺激」になるなと思いました。

もし、アイデアで悩んでいる場合のオススメの「脳活性法」でした。

関連記事

  1. 経験と呼べるものは恥さらし

  2. コモディティ化の向こう側

  3. 話題の広告

  4. 常套句コピー

  5. 筋トレとコピーライティング

  6. 嫉妬広告・嫉妬コピー

  7. 買ったものが可視化されている

  8. 空想より事実

最近の記事

PAGE TOP