やっぱり読書

12月5日(土) 気持ちのいいお天気の土曜日です。

今朝は9時から打ち合わせでした。
毎月1回、クライアントのBLOGテーマを話し合い、記事化していくという作業なのですが、「読書」のテーマを提案して採用され大いに盛り上がりました。

読書してますか?

読書について考えるスイッチが先週、今週と続いていまして書籍や動画を見漁っています。

というのも「読書」をしているけどなかなか血肉になっている感覚がないと感じたことがきっかけで「読書」について考え直している日々です。

そういえば、小学生のころの図書館の景色、(中学を除いて)高校・大学と図書館には頻繁ではないかもしれませんが、よく通っていた記憶があります。

今も週に5〜6回は本屋に行きます。

図書館へは少なくとも週1回、訪れます。

ということで習慣化ができているのですが、「質」を高めたいと考えている今日この頃です。

業界は違えど、読書はたいせつ

今日も実感するような出来事があったのですが、読書は「差」をつける手段としては最適だと思います。

その感覚を加速させたのはYouTubeかもしれません。

数は増えた分、質が下がり、その質がスタンダードになりつつある状況下においては読書している人が勝つと思います。

というわけで年中読書の季節を過ごることをここに宣言します!

関連記事

  1. 広告の目的はひとつだけ

  2. 最強の広告

  3. プロセスを売る

  4. 価値を高める広告

  5. モノを売る広告

  6. 時代と広告

  7. ダイエットはすべきでない

  8. 社会の一員としての広告

最近の記事

PAGE TOP