そもそも論

成人の日に出稿されたレッドブルの広告が話題です。

SNSを見ていると様々な意見、感想があり、賛否が分かれています。

そもそも

伝えたい内容、何を言いたいか、などは置いておいて単純に

・くたばれ

という言葉のチョイスが個人的には好きではなかったです。

とはいえ、ボディコピーで逆説的になっていれば「おもしろい!」と思うかもしれないですが、とはいえ過激な言葉のチョイスが気になります。

そもそも祝福すべき日である

トーン&マナーの部分です。

成人の日というのは本来、祝福が溢れる日です。

「親と子供」そこにおじいちゃん、おばあちゃん、近所の人。
たくさんの日にとって大切な日。

どんな素敵で強いメッセージだとしても、この日には相応しくない言葉のチョイスだったと思います。

内容はともかくです。

関連記事

  1. 攻める広告

  2. ネガティヴな表現

  3. 広告業界の分岐点

  4. 右脳→左脳

  5. 最強の広告

  6. やっぱり読書

  7. 映画「えんとつ町のプペル」

  8. 営業も広告である

最近の記事

PAGE TOP